ユーゴスラビア伝統の靴下・チャラペ

c0312955_07205672.jpg
バルカン地域にきてヒトメボレしたもの「チャラペ」伝統の靴下。
昨年はボスニア・ヘルツエゴビナの首都サラエボでオリジナルソックスを作った。

ここベオグラードの靴下もほぼ同じカタチ、でも色合いがシンプル。
セルビア人にどうして?と聞くと、「サラエボはイスラム系なので色合いが華やかなんだよ」
なるほど納得。

ほぼ同じカタチでも作る女性によって少しずつ違ってくる。
これを作るのにサラエボではスムーズに進んだのに、
ここベオグラードはさすがに大都会で、路上で靴下を売っている女性たちも
サラエボほど多くない。

今回もサラエボ同様、マーケットに出向いて路上で靴下を売っている女性に
声をかけてみた。
今回お願いしたのはRajka/ライカさんという女性。
11月半ばにマーケットで声をかけて、その数日後にお宅にお伺いした。

ここはベオグラード?というくらいちょっとした郊外で
アパートやビルの多い地域と異なって、一軒家がすらっと並ぶ地域。

ウール100%で履くとあたたか、Rajkaさんの靴下はかかと部が特徴で
ぴったりフィットする編み方。
伝統のカタチは守って少しだけ日本向きにカタチを作ってもらった。

とにもかくにも出来上がってきて嬉しい♪

まずは記念撮影にパチリ!




[PR]
# by grandsocco | 2014-12-06 07:38 | 雑貨 | Trackback | Comments(2)

palačinke/パラチンケ

c0312955_18593986.jpg
この数週間ハマッているもの、palačinkeいわゆる厚めのクレープ。
もともとはルーマニアが起源で、オーストリアハンガリー帝国に支配された
歴史をもっているせいなのでしょうか? 
バルカン地域ではあちこちで見かけるポピュラーな食べ物。

クロアチア&モロッコ夫婦が住む島に遊びに行った時、
夕飯にパラチンケが出てきた。
シェフであるモロッコ人旦那が作るパラチンケは美味しい
でもチョコレートクリームやジャムの甘いものばかり。
"これって夕飯なんだよなぁ・・・"と思いながら不思議な思いで美味しくいただいた。

c0312955_18590667.jpg
ここセルビアに来て聞いてみた。
「夕飯に甘いパラチンケって普通なの?」普通だそうです。。
最近はその感覚にもなれて、昨夜はジャムを塗っていただきました。

スーパーに行くとたくさんの種類の小麦粉が売っている。
小麦粉の横にはそっとパラチンケ専用のフライパンまで置かれていて
みんな大好き!な感じが伝わってきます。

私も家で作ってみよう!と道具までそろえた。
計量カップはさすがデカイ1ℓサイズ!

いろいろレシピを探して、やはり日本の方のレシピに落ち着いた。
オーストリア料理として探すとたくさん出てくるのもびっくり!
セルビアのパラチンケより「オーストリアのパラチンケ」の方が
なんとなく品がいい気がするのはどうしてだろう?(笑)

◆◆ 基本のpalačinke/パラチンケ ◆◆

   薄力粉  200g
   牛乳   500mℓ
   卵     2個
   塩   ひとつまみ

   上記を全部まぜて、少し冷蔵庫で寝かすといい感じ。


これで10~13枚ほど。
まだまだビギナーの私は薄く焼くことを目指してます!








[PR]
# by grandsocco | 2014-12-02 19:23 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

バスでの出来事

c0312955_19291974.jpg
バスでの帰宅途中、ちょうど降りようとしたバス停で留まったとたんものすごい爆発音!
それとともに煙がもくもくと車内にも。
何が起こったのかわからず呆然としていると、近くにいた男性がなにか言っている。
しぐさで「早く降りて!」とわかった。

先週はなぜかいろいろ凹むことがあった。
自分が住んでいる周辺には外国人といえば中国系、
少し先のNovi Belgradeという地区はもっとたくさんの中国の人たちが住んでいる様子。

買いモノをしに行くと前の人と私への態度の違いがはっきりわかるほどの態度。。
すれ違い時にも中国人とからかわれたりと。

噂には聞いていたけど、セルビアでは本当に中国系が気に入られてないみたい。
その事情もセルビア人から聞いて納得できたりする、
が私の容姿がアジア系だからと言ってどうしたらいいのでしょう。。

このバス爆発で車内にいたら危険とみなし、アジア系の私にもちゃんと声をかけて
くれたセルビア男性。
突然の危険時にこんな親切な対応されると嬉しくなりました。

セルビアの人たちにとっても突然のことでびっくりの様子で
みんなバスからのもくもくの煙に見入ってた。

その後ろ姿をみながら、親切にありがたいなぁと。

今日から12月、また新たな気持ちでセルビアンライフスタートしてみようっと。







[PR]
# by grandsocco | 2014-12-01 19:53 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

日曜日の愉しみのひとつ

c0312955_18172784.jpg
毎週日曜日の午前中はジプシーマーケットが開催されている
ベオグラード・ZEMUN。

ごちゃごちゃに置かれた中からお宝がいっぱい出てくるこのマーケット。

先日は素敵なグラスや食器類を買い、しかし入れてくれる袋はスーパーのビニール袋。
割れないように気をつかって帰ってきた。

今日はちゃんと買いモノ用のバッグ持参することに。

それでは行ってきます~。





[PR]
# by grandsocco | 2014-11-30 18:26 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

「世界の村で発見!」セルビア

c0312955_19272423.jpg
日本時間の本日21時よりセルビアが紹介されるのだそうです。
最近はやっている(?)「こんなところに日本人」でセルビアの村に住む
日本人の少女が紹介されるみたい。

セルビア関連機関で働く知人がSMSで書いて知った、やっぱりまだ「こんなところ」のセルビア。
twitterにリンクされていたリンクを開くと「千原せいじ&サヴァ教会が!」

まだまだ未知の国セルビア
「戦争の爪痕残るセルビア共和国へ」いうサブタイトル。
うう~、ここで生活していて爪痕残るという感じでもないけど、やはりその印象しかないのよね。

セルビアへ出発前も、「大丈夫なの?危険じゃない!」
そんな心配をしてくれる人もチラホラ、まだセルビアを知っているだけよくて
「セルビアってどこだったっけ?」よくそれも聞かれた。

サヴァ教会を1月7日のセルビア正教のクリスマス前に見たとき
あまりのキレイさにココロふるえた!
そして欧州ながら人の親切さと、東西文化ミックス?な感じにも。

どんな感じで紹介されるのだろう?
日本のテレビどころかインターネット開通しかけたものの、アパートの建物が古くて
ネットの速度と電話線のコネクトが融合できなくてこの数日ネット会社と電話会社で
ごちゃごちゃしてる。

あと2時間ほどで番組始まるかと思うとソワソワ。
今夜こそハイスピードのネット開通して、いろいろ情報を見られるといいなぁ。

このブログを書くのもスローなネットで時折アップされるのか?
と思いながら書いてます。

こんな平和での~んびりなセルビアです!







[PR]
# by grandsocco | 2014-11-28 19:58 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

セルビアの首都ベオグラードから日々の生活を書いています。   2016年4月、アソシエーション 「Grand Socco」をセルビア女性たちと立ち上げました!ベオグラードを基点に活動をひろげていきます


by minico
プロフィールを見る
画像一覧