<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

セルビアの革工房へ

c0312955_18061993.jpg
実はちょっと前から行きづまってて、ある人に心の内を話したら
「そういう時は原点にもどってみたら?」
その言葉ではじけましたー!

アソシエーションをセルビアで正式に立ち上げて1年ちょっと
セルビア女性とあーでもない、こーでもないと、手さぐり状態でやってきたのですけど
このところ気持ちが行きづまってしまってたの。。。

セルビアに来る前はモロッコでモノづくりをしていて、スークと呼ばれる商店街には
山ほどの手づくりのお店と、それに伴う職人さんたちが揃ってる。
だから、モノづくりはスムーズ、いやその中でもいろいろ大変なことはあるんだけど。。。

セルビアはとってもいい手仕事・特に私がホレた”靴下や刺繍”といった伝統の手しごと
これをセルビア人と人たちと一緒になって、世に出していこう!と
アソシエーションを立ち上げたのでした。

原点に気持ちが戻ると、なんだか見つかるのでありました。
お店の中にミシンが見えて、ユニークな洋服を作っているところや、革工房などなど。

それでネットで連絡をとって、革工房へ行ってきました。
教えてもらった住所に到着しても、名札がない!
メールをしたらすぐに現れた男性、この方が革職人さんでした。

アパート横のガレージを工房にしているそうで、
そこへ行っていろいろ話をしてきました。

なんと革職人さんになる前は、会社のメンタルトレーナーだったそうで
たくさんの人のメンタルに関わる仕事で、ストレスをいつも抱えていたのだと。
それでストレス発散のために始めたのが「ミシン」
最初は家庭用ミシンを買って、服などを作りだしたのだけど
それにだんだんハマって、カバンを作りだしたというユニークな経歴!

自分も別業界からモノづくりへ入っていったので、こういう人は親近感を感じるのでした(笑)
とても正直な人という印象の革職人さん、うまく提携できるといいなぁ。

c0312955_18063609.jpg

この日もベオグラードの気温は38度!
夜18時過ぎなのに気温も下がらずなので、工房からの帰り道でビールを飲むことに。

テラス席が大好きなセルビア人だけど、西日とこの気温で外は誰もいない。
ウエイターさんも「店内のほうがクーラーがあって涼しいよ」と言ってくれたけど
外で汗ながしながら一人で考えたかったの(笑)

ビールを飲みながらベストな方向を妄想して、ステキな一日となりました!
迷った時は原点に、これですねー






[PR]
by grandsocco | 2017-07-14 18:26 | 雑貨 | Trackback | Comments(6)

終わったー!

c0312955_20035074.jpg
外国人が海外で滞在するのに必要な「滞在許可書/ヴィザ」
滞在許可書の更新・取得が先日終わりましたー!

滞在許可の種類にもよると思いますが、やまほどの書類が必要で
申請の前にはあっちへ行き、こっちへ行き必要な書類を集めます。

そして、次は申請書類代行所なるものが警察署の近くにあって
そこでヴィザ更新したい旨を伝えると、セルビア語で書類を作成してくれます。
前回の書類もキープしてあるようで、更新の時は日付など
少し変更するぐらいのようで早かった!

c0312955_20042154.jpg
中国人が多いせいか、申請書類代行所には中国語が書かれています。
そして、この先が警察署。

前回の申請の時には、入管担当にいろいろインタビューされました。
別室で。。。
そのせいでかなり精神も鍛えられて、今回は少し落ち着いて軽いインタビューの
受け答えたできた気がします。

今回も偶然というか、縁なのか?(笑)
同じ担当官にあたって、内心「ひえぇーーー!」状態だったけど
(いつも”しかめっ面”なので、当然ですけどねイミグレーション官なので)
追加書類を言われ翌日渡しに行った時、はじめて笑顔で受取ってくれました

そこから2週間、今度は受け取り当日
午前中にパスポートを預け、午後に滞在ヴィザ受け取りです。

この日もまたまた同じイミグレーション官
パスポートを渡すだけだけど、やっぱり同じ人なんですよね
本当に縁を感じてしまいます(笑)

c0312955_20040537.jpg
めでたく滞在許可の更新もできた夜
セルビア語を一緒に学んだトルコ人と、韓国のお友だちと3人で乾杯!

ベルギービールの大きいのを頼んだら、本当に大きなグラスで出てきました
こんなの初めて見た!

トルコ人はセルビア女性と結婚してのヴィザだけど、やっぱり書類が大変だそうで
ヴィザ取得の大変さを語り合いながら、でも頑張っていこう!!と乾杯した夜でしたー

やっと書類の山を片付けて、ひと安心の本日







[PR]
by grandsocco | 2017-07-07 21:05 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

ベオグラードでfado/ファド

c0312955_00293166.jpg
先週6月27日からはじまった「Dortjol Festival
今回が第一回目、知合いが企画したイベントということで
準備段階の時から少し様子を聞いていました。

グルジア・ギリシャ・ポルトガルなど、各地の音楽フェスで見つけたミュージシャンを招いた
ベオグラードでの音楽フェス。 国名を聞くだけでわくわく!
c0312955_00294123.jpg
その中で7月1日にKulturni centar GRADで開催された
ポルトガルのfadoを聞きにいってきました。

fadoといえばかなり前だけど、ポルトガル・リスボンのレストランで聞いたことがあった。
ポルトガルの民謡といわれるファド、哀愁がただよっていい感じだったのを覚えてる。

c0312955_00295261.jpg

演奏に登場したお2人は、なんともオシャレ!
ギターを奏でながら歌う女性と、とてもユニークなサックス演奏をする男性のデュオ。

満席の会場も女性の静かだけど込み上げるような歌声に、聞き入っていました。
バッグの窓からはブランコ橋も見えて、ロケーションもきまっていて
すばらしい夜となりました♪

一昨年はベオグラード・ジャズフェスティバルで「上原ひろみ」のライブに行きました。
日本ではなかなか見られない演奏を、ここベオグラードで見られるってすごいー!

今回は第一回目のDortjol Festival、短期間でここまでやった知人に
すごいエネルギーを感じましたー!

ずっと続くフェスティバルになりますように










[PR]
by grandsocco | 2017-07-05 01:01 | ベオグラード | Trackback | Comments(2)

セルビアの首都ベオグラードから日々の生活を書いています。   2016年4月、アソシエーション 「Grand Socco」をセルビア女性たちと立ち上げました!ベオグラードを基点に活動をひろげていきます


by minico
プロフィールを見る
画像一覧