<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

星読み in セルビア 

c0312955_03275272.jpg
あっという間に、10月も最後の週となっていました。

書きたいこと山ほどあったのに、書く気分になれない。。。
自分のもう一つの顔は " 星読み " 
告知しているわけでないので、人伝に依頼があれば読んでます

このところ何も発信する気分になれなかったのは
自分のホロスコープの月と水星に土星がコンタクとしていて
やっと昨日から、土星が離れていきだして
発言したくなってきました!

以前も書いたけど、セルビア人も星占い好き
ホロスコープをすこし読める人がチラホラ自分の周りにもいる

先日も一緒にモノづくりをしている人のお家に言って
星占いのトークで盛り上がって、楽しかった♪

そして先日、別のセルビア女性から連絡があって
「失恋したの、ホロスコープ見て…」
いつも気が強めの彼女も、今回はなんだか凹み気味な感じ

すぐにでも来てほしいということで
明日、彼女の宅へいくことになった

彼女も自分と同じ星座に月があるので
きっとこの土星の影響で、凹み気味なのかもしれない

明日は満月
みんな素敵な満月になるといいね

やっと気持ちが楽になってきて
「土星先生」のしごきから解放の気分です!






[PR]
by grandsocco | 2015-10-27 04:09 | アストロジー

domaća rakija/自家製ラキヤ

c0312955_04530928.jpg
最近できたセルビア人のお友だち
ベオグラードのお隣の市・オブレノバツ出身

お父さんが「自家製ラキヤ」を自宅で作っているっていうので、驚いた!
オブレノバツにまだ行ったことないけど、そんなに遠くないはず

家の大家さんみたく、ベオグラードの中心地でアイバル作りも驚いたけど
ラキヤ作りって蒸留とかするらしく、田舎でしか作られてないと思ってた。。

あまりに驚いてたからなのか?
今日会ったら、1本持ってきてくれた!

ビンは以前買ったものらしいけど
中身は「domaća rakija」

ビンもアンティークな感じでステキです♪

早速、いただいてみました
アルコール45度、「蚊に刺されたらラキヤをぬれ」と
セルビア人が言うぐらい、アルコール度が高い飲み物

ほんのちょっとだけ飲んだら、もう頭くらくらです。。

写真もなんとなくピンボケ気味??(笑)

でも、とってもいい香りです~


[PR]
by grandsocco | 2015-10-12 05:03 | 食べ物

kestenje/栗のカーペット!

c0312955_21450000.jpg
セルビアの食器について調べてほしいという連絡をいただいて
市場へGO!

連絡いただいてすぐ、「あそこのお店だ!」
シンプルだけど、味があっていいな~って以前から思っていたけど
なかなか飛び込まずだったので、とってもいい機会をいただきました。

外に出ると、寒~い!
今日のベオグラードは11度で曇り。。
まるでもう冬空です。

でも、アパートのすぐ周りは、栗の木がたくさんあって
秋の気配をとてもキレイに感じられます。
c0312955_21454430.jpg
歩いて20分ほどで、お店に到着。
ポーランドやブルガリア・ハンガリーなど周辺国の
華やかな食器と違って、シンプルだけど味があるセルビア食器。

小さなお店だけど、スープマグや食器や花瓶などなど
たくさんそろっていました。

いろいろ見せてもらって、1つ購入!
前から欲しかったので、嬉しい♪
c0312955_21450852.jpg
c0312955_21451641.jpg
食器店からの帰り道、近くの公園を通ってみたら
たくさんのkestenje・栗が落ちている!
こんな街中で栗ひろいができそうと思っていると
女性が袋をもって、ひろっていました。

kestenje・はじめてこの辺りにきた2013年の10月
クロアチア・ザグレブで、焼き栗を売っていたり
kestenjeパイといって、モンブランみたいに絞り出して
生クリームと一緒に食べるお菓子があって、ハマりました!

帰りに寄った市場でも、栗やイチジクなどが
出回っていて、秋を感じます。
c0312955_21455436.jpg
秋の気分を感じながら、アパートに戻って
買った食器をさっそくオープン!
楽しい瞬間です

これから煮込み料理が多いセルビアで、大活躍の食器。
セルビア料理は、まだまだ作れないものばかりだけど
これを買ったので、サルマ作りに挑戦してみようと思います!

栗のカーペットを通って、食器も手にいれて
なにげない幸せな日です~

[PR]
by grandsocco | 2015-10-08 22:02 | ベオグラード

ajvar/アイバル作り

c0312955_22410861.jpg
9月下旬に、賑やかな大家さんが
2か月のバカンスを終えて帰ってきました。

休む間もなく、今度はアイバル作り!
「週末2日間は庭でアイバル作りをずっとやってるから」

土曜日の朝、窓から見るとアパートの庭には、6箱ものパプリカ
1つの箱にだいたい20㎏入っているそうで、合計120㎏!!

c0312955_22411426.jpg
まずは焼いて、焦げた部分をはがして…大変な工程です。

今年のはじめ、このアパートにきた時
自家製アイバルを1瓶いただきました。

やっぱり、スーパーで買うのとは断然味が違う~~


作っている写真を撮りたいと、カメラを向けると大家さん
いつもの賑やかな雰囲気で
「”BURANKA&IBAN”ブランドのアイバルだよ~って書いておいてね!」

大家さんと違って、奥さまはもの静かな方
凸凹コンビの共同作業は、見ていて楽しいです~(笑)


[PR]
by grandsocco | 2015-10-05 22:50 | ベオグラード
c0312955_02360003.jpg
サラエボで食べたもの。

まずはなんと言っても「BUREK」
バルカン各国にBUREKはあるけど、BUREKとチェバピはボスニアが
美味しいと言われてます。

旧市街の端っこにあるお店「Buregdzinica Oklagija」
たくさん種類があって、迷ってしまいます

c0312955_02333070.jpg
c0312955_02335157.jpg
計り売りなので、適当に「少なめ」とか言って切ってもらいます
この日はお肉とチーズのBUREKと、ターキッシュティーを注文
笑顔でテーブルまで届けてくれました



c0312955_02342690.jpg
c0312955_02343851.jpg
c0312955_02341456.jpg
地元の人が来て、なにやらヨーグルトのようなものを頼んでいたんで
私も注文してみました

タンクにヨーグルトがずっと流れていて、それをくみ取って出してくれます

味はかなりすっぱめ!
これぞ、ヨーグルトっていう感じでした
c0312955_02350110.jpg
もちろん、チェバピも食べました!
こちらも旧市街の端っこにある「Petica Cevabzinica」というお店

夕方行ったらテラス席も、中も満員!
もちろんオーダーはチェバピ、店員さんが「小さいのでいいわよね?」
はい、それで十分です
ピタパンのような中に、棒状のお肉とみじん切りの玉ねぎ
これだけというシンプルな料理だけに、お肉の味が決めてなんでしょうね

はじめてこのお店にトライしたけど、やっぱり美味しかったです♪

c0312955_02330008.jpg
c0312955_02324756.jpg
最近話題のお店というところにも行きました。
「KLOPA」というカジュアルなカフェレストラン

フェルハディヤ通りのGUESSの前にあります。
メニューが外に出ているので、入る前に確認できます

ここには朝食を食べにいきました
フレッシュオレンジジュースとミューズリーを注文

ミューズリーはこんなポットで出てきて
ヨーグルトやフルーツソースが入っていてゴージャス!
これだけでお腹いっぱいになりました

店員さんも感じがよくて、店内も明るくていい雰囲気でした
伝統のチェバピやBUREKもいいけど
こういった今風のお店もたくさんあるサラエボ
やっぱり不思議です

そんなこんなで、3泊4日のサラエボ滞在

靴下を探しに行ったけど、まだ早すぎたようです。。

でも、はじめての夏のサラエボ
たくさんの観光客であふれていて、びっくりでした!





[PR]
by grandsocco | 2015-10-02 03:09 |

夏のサラエボへ Part3

c0312955_19080302.jpg

c0312955_19072953.jpg
今日から10月に入ってしまいました~!

もう1か月ほど前のことになってしまい、あの時のサラエボの暑さは
なんだったんだろう・・・というほど、このところ寒い
セルビアです。。

前回のつづき~


「HOTEL EUROPE」を出て旧市街の入口にいくと
TV撮影が行われていました。
このあたりは、モスク・カトリック教会・オーソドックス教会
シナゴシークが混在していて、はじめて来た時には本当に驚きました!

以前は、本当にミックスして生活していたのだなと感じさせられます。

c0312955_19141171.jpg


c0312955_19135352.jpg
c0312955_19142224.jpg
旧市街を抜けフェルハディヤ通りとマーシャル・チトー通りの交わった道
を少し入ると、一般市民向け?のターキッシュ街みたいなのがあります。

ここも旧市街だけど、「旧市街のターキッシュ街」と呼ばれるお土産屋さんと
いう感じでなく、普通の衣料品や生活用品を見つけることができます。

2013年の冬、はじめてここに来て
このマーケットでかわいいスカーフを購入しました!
お値段もお土産街で買うより、少しお安め。

今回はセルビアにない「素材」はないか、ここにきました。
さすがに「イスラムの町」きらびやかな布地や素材が、セルビアより豊富ですが
イマイチコレ!とセンスを感じるものもなく、撃沈。。。

なかなか、バルカンで素敵でかわいい素材を見つけるというのは
至難の業です。

c0312955_19144269.jpg
c0312955_19143214.jpg
また、旧市街のターキッシュ街へもどり
「水タバコスクエア」近くのお土産屋さんをウロウロ。

するとちょっとかわいらしい「チャラペ」を発見しました。
こちらの女性がオーナーで、いろいろな作品を作っているそうです。

ほんの少しだけだけど、この周辺の言葉がわかるようになり
「なんでボスニアンがわかるの?」と驚かれます。

すると、ぐっと親密な態度で接してくれますね。
これは、モロッコの時もそうだった。

靴下を以前市場周辺の女性たちと作ったことを話し
いま市場周辺を見てきたけど、見当たらないのと言うと
「まだ暑いから~」

確かに、この日も気温も40度近く。
靴下なんて見たくないですもんね(笑)

~part 4へつづきます


[PR]
by grandsocco | 2015-10-01 19:32 |

セルビアの首都ベオグラードから日々の生活を書いています。   2016年4月、アソシエーション 「Grand Socco」をセルビア女性たちと立ち上げました!ベオグラードを基点に活動をひろげていきます


by miniko