カテゴリ:日々のこと( 54 )

ある日突然公園で!

c0312955_17031198.jpg
暑さが続いたベオグラード
先日、用事を済ませあまりに暑いのでアパート近くの公園の木陰でひと休憩。

木陰のベンチに座りしばらく涼んでいると
ショッピングカートを引いたおばあちゃんが近寄ってきて
なにやら話しかけてきました。

「ごめんなさい、セルビア語わからないの」
すると英語に切り替わって
「ここに座ってもいい?」

サングラスをしていたけど、優しそうな感じが伝わってくるおばあちゃん。
年齢は70歳越えだそうで、びっくり!

「どこから来たの?スリランカ?」
スリランカは初めて言われました! (笑)
「いえ日本からです」

こんな会話から始まって、いろいろな会話へ発展。
このおばあちゃんはセルビア軍付の薬剤師さんだったようで
過去の仕事の話をたくさんしてくれました。

スコピエでマケドニア人と結婚して息子さんもいるそうで
でも、1992年にユーゴスラビア解体がはじまり
セルビア人のおばあちゃんは、セルビアに戻るしかなかったそうです。

それ以降はセルビア軍が持っている
アパートホテルで一人で暮らしていると。

「よかったら家にこない?」
たくさんの買い物をして、どっしり重たいショッピングカートを引きながら
ゆっくりゆっくり一緒に歩いてついていきました。

私のアパートから本当に近く!
「すごいご近所さんですね!」お互いびっくり。

セルビア軍のアパートホテルはどんなのだろう?と思ったけど
見た目は普通のビル。
部屋はシングル用は狭いけど、キッチンにソファーベッド
洗濯機に洗面台が付いていました。

薬剤師さんだっただけに、出してくれた飲み物も
マルチビタミンをお水で溶かし、味はレモネードのようで美味しかった♪

けっきょく公園で出会ってから4時間近くも
一緒におしゃべりして、楽しい時間を過ごしました。

電話番号も交換して、また会う約束をしてかえってきました。

ステキな公園からで出会いでした。


[PR]
by grandsocco | 2015-06-16 17:22 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

久しぶりの再会

c0312955_18521804.jpg
昨年の1月5日にサヴァ教会にほど近い「Kalenić Pijaca」(青空マーケット)に行きました。

野菜や果物など食料品を中心に、ここの市場にはジプシーの人たちが
古着や骨とう品なども販売しています。

ふらふらと一周してみると、手芸用品店をみつけ
チロリアンテープがたくさんあったので見ているとお店の女性が
何やら声をかけてきました。
「セルビア語わからないの」というと
英語に切り替わって話してくれました。

c0312955_18522859.jpg
名前はオルガさん。
チロリアンテープを購入して別れを告げると
「いつもこの場所にいるからね、月曜日だけはお休みよ」

そして、先日チロリアンテープを探しにオルガさんの元へ。
最初はセルビア語で話しかけてきたけど、すぐに
「あなた日本人の人ね、去年きてくれた」
「そう、オルガさんですよね?」

昨年の1月とは違って、ほんの少しだけセルビア語は話す私に
「いまセルビアでなにをやっているの?」と驚いたようす。

昨年買った幅広くてかわいらしい感じのはない?と聞くと
いろいろ探してくれたけど見つからず。。

とりあえず気に入った3点を購入。
すると1mを多めに切って
「これは私からのプレゼントよ」

いまではこのKalenić Pijacaまで歩いて20分ほどのところに
住んでいるので行きやすい。

セルビア語がよくわからない私には
強い味方です!


[PR]
by grandsocco | 2015-06-11 19:01 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

さくらんぼの季節

c0312955_15102352.jpg
ベオグラードに戻ってきて、はや10日が経ってしまいました。

日本での1か月半はあっという間にすぎ、先週はくったくたで寝てばかりだったけど
やっと今週から活動開始です!

セルビアは農業国でフルーツの栽培が盛んです。
先日はやまほどのさくらんぼをいただきました。
食べてみるとあま~くて美味しい♪

食べきれないのでセルビア人の友人に声をかけておすそわけしようと
連絡したけど、用事があってなかなか都合があわず。。

早めに食べないと痛んでしまうので、昨夜もくもくとジャムづくりを開始。
種がめんどうで格闘していると電話が。

大家さんの息子さんから
「いまから届け物もっていくよ!」
すると袋に入ったさくらんぼを届けに来てきれました。
大家さんはさくらんぼ畑を持っていて、ロシアに毎年売るほどなのです。

冷蔵庫の中は大量のさくらんぼだけど、美味しいので嬉しい!

今朝は昨夜作ったジャムをパンに付けての朝食をすませました。

痛まないうちに今日はおすそわけをしに行ってきます~。


[PR]
by grandsocco | 2015-06-10 15:19 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

セルビアのお土産 ~セルビア人より編~

c0312955_17392568.jpg
日本に到着して5日が過ぎ、やっと落ち着きました。
でもまだ時差ボケがすこし、朝食を食べると眠気が襲ってきます。。。

出発前日、夕飯を食べていると何度もブザーが!
この鳴らし方は間違いなく大家さん(笑)

翌日からしばらく日本へ帰ることをもちろん知っているので
数日前から準備はできたのかと、心配してくれているのです。

ドアを開けると笑顔で「準備は整った?」
そしてこのお酒を持ってきてくれました。

セルビアでは食前酒として飲むアルコールなのだそうです。
体にとってもいいから、両親に持っていってあげなさいと。

「GORKI LIST」
LISTは葉っぱというのだけはわかったので、
ハーブが有名なセルビア、ハーブ系のお酒?

やっと落ち着いていま調べてみたら
GORKIは苦いのだそうで、苦い葉っぱのお酒?

養命酒のようなものなのかな??

今夜やっと家族で夕飯を囲む際、飲んでみようと思います。

親切すぎる大家さんと出会えて感謝です!


[PR]
by grandsocco | 2015-04-21 17:49 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

セルビアのお土産 ~スーパーマーケット編~

c0312955_05284102.jpg
明日からしばらく日本へ帰ります。

おみやげに喜ばれるものって、現地のスーパーマーケットで売っている
現地の人が食べているものって意外と喜ばれます。
なのでセルビアの代表スーパー「maxi」でいろいろ買ってきました。

まずはセルビアといえばAJVAR。
これはブログ内でも書いたけど、パプリカを焼いてからペースト状にしたもので
パンに付けると美味しくて冷蔵庫の常備品となりました。
c0312955_05285101.jpg
そしてスーパーや薬局、カフェでも気軽に飲めるハーブティ。
フィルターに入ったものや葉っぱのものなど、種類も豊富です!
セルビアで体調崩したら「UVA」利尿作用があるようで
毒素排出にいいらしいです。
(あまり美味しくないけど漢方みたいな感じで飲むといいです)

c0312955_05291127.jpg
セルビアではコーヒーはトルココーヒーがよく飲まれています。
写真は普通のインスタントコーヒーみたいに見えるけど
中身はパウダー状のコーヒーで、最後にドロッとコーヒーが残るのが特徴。

あとセルビアで個人的ハマったのが、プリン作る粉。
牛乳を入れて温めて溶かすだけの簡単なものなんだけど美味しい♪
個人的にはチョコレート味が好きです。
c0312955_05290277.jpg
セルビアのお菓子で最初はふ~んって感じだったのに
いまでは好きになってしまった「バナニッツア」チョコバナナ。
いろいろなメーカーがあるけど「Štark」が初めて作ったのだそうです。
このŠtarkはいろいろなお菓子をだしていて、ウエハースをベースにした
Napolitankeは手ごろなお値段で美味しいです。

その他モロモロ買って、スーツケースはスーパーのお土産でパンパン!
あとは出発直前にKOREを買って終了です。


[PR]
by grandsocco | 2015-04-16 05:55 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

イースターエッグで朝食を!

c0312955_16350344.jpg
カトリックでは今日はグッドフライデー、そして日曜日がイースター。
ここセルビアはオーソドックス、来週の日曜日がイースターなんだそうです。

昨日は「国際自閉症DAY」ということで、ベオグラードの中心地
共和国広場でひらかれたイベントに参加してきました。

c0312955_16351502.jpg
自閉症の子供たちが中心になって、イースターエッグをペイントするというコーナー。
後ろから見ているとひとりの女の子が何か話しかけてきます。
なにかわからないので「セルビア語わからないの」というと
ちょっとした英語を話してくれました。

このイベントに誘ってくれたのは、ハンガリーの母とセルビアの父という
ミックスのセルビアン。
ベオグラードの北部「ヴォイヴォディナ自治州」出身なのだそうです。

ヴォイヴォディナには多数の民族が住んでいて、
「ベオグラードとはぜんぜん違う雰囲気なのよ!」
一度だけウイーンへバスで行った際、”通過”したけど
確かに建物などちょっと違った雰囲気だった。

ミックスのセルビアンの彼女は88歳で一人暮らしをしているという
ハンガリー系のおばあちゃんの元へ今日から帰って
まずはカトリックのイースターを迎え
そして、来週末のオーソドックスのイースターが終わってから
ベオグラードに戻ってくるのだそうです。

う~んやっぱりこの辺りの文化の交流は興味深いです!

先日、BUREKを教えにきてくれた彼女。
「あれから一人で作れた?」うんリンゴ入りを作ったけどカタチがイマイチだった。。。

昨日は偶然にもリンゴ入りのBUREKを作ってきてくれました。
こんな風に皮を巻けばいいのですね。

セルビア人は親切だけど、ヴォイヴォディナの人たちは
いろいろな民族の人たちが住んでいるので、もっと親切なんだそうです。

今朝は彼女が作ってきてくれたBUREKとイースターエッグを
眺めながらの朝食です!

みんな本当に親切な人たちです~




[PR]
by grandsocco | 2015-04-03 16:53 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

はじめてのネットショッピングin ベオグラード

c0312955_22050778.jpg
ここベオグラードではじめてネットショッピングをしてみました。

直接買えるお店をずっと探していたけど見つからず、最終的にネットショップへ。
英語のサイトもあるのだけど、ネットショップのページだけは
セルビア語のみ。
写真と同じものを英語サイトで確認して、セルビア語サイトに戻して注文。

翻訳機能を使いながらなんとか注文。
でも本当に届くのだろうか?と不安になって途中で質問に切り替えた。
「ベオグラードで買えるお店はないですか?」

翌朝すぐに返事がきて
「~という会社が当社の商品を小売りしています。直接聞いてみてください
 担当者と電話番号は~です。当店でなら確実に商品はそろっております。」
すぐに返信がきた、でもセルビア語。

「わかりました、それならやはりネット注文しますのでよろしくお願いします」
返事を英語で送ると、注文確定メールはやはりセルビア語。

■明日の配送を予定しております。宅配便~で送りますので、
 商品と引き換えに お支払ください。 商品番号は□□□□

こんな内容だった。
c0312955_22052222.jpg
到着予定は本日エイプリールフールの4月1日(笑)
本当に届くのだろうか?

昼前に電話がかかってきた。
会社名だけ聞き取れてセルビア語でなに言っているのかわからないので
「すいません、英語でお願いします」
するとすぐに英語に切り替わって
「あと20分ほどで注文の商品をお届けしますが在宅ですか? 金額は□□です」

待っているとちゃんと正確な時間にブザーがなり
ドアを開けるとハーハーと息を切らしながら階段を駆け上がってきた。

テキパキと商品の受け渡しの様子は、まるで佐川急便なみ!(笑)
「忙しそうですね、走ってきたんだ」
「車を目の前につけてあるから、急いでやらないといけないから」

そしてまた階段を駆け下りていきました。

こんなテキパキ、そして流暢な英語で対応してくれる宅配便も
あるんですね。

注文したのは精油がブレンドされたマッサージオイル。
1000ディナール以上しか宅配してくれないということで
3本異なるブレンドを注文してみた。

きちんと包装もされていた。

なかなかやるではなですか、セルビアのネットショップも!

はじめてのネットショッピング体験でした。
完璧でした~!




[PR]
by grandsocco | 2015-04-01 22:24 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

エクスチェンジ!

c0312955_16430771.jpg
月末になるとソワソワ。。
家賃の支払いはユーロ、セルビアの通貨はRSD・ディナール。

EU加盟国でもないけど、なぜか家賃やまとまった支払はユーロ。
給料もユーロでもらっている人がほとんどみたいで、でも生活に必要な
食材や光熱費の支払いはディナール。
だから必ず両替が必要になるのです。
c0312955_16431749.jpg
c0312955_16432574.jpg
銀行の両替は一番レートが悪いので、街のあちこちにある両替所へ行きます。
レートも両替所によって違うので、写真のようにボードで表示してあるので
それを見ながら一番レートのいいところへ。
でもやっぱり街の中心地が一番レートがいいみたい。

日本円→ディナール・ディナール→ユーロになるので
毎日のレートチェックはかかせません!

スーパーやこんなところに!という小道にも両替所があって
両替はあたりまえなんだけど、でも日本円の両替をいろいろ聞いたけど
どこも無理でした~。

数万のことなんだけど、両替を終わるとホッとする。

あとは賑やかな大家さんに手渡しで持っていくだけ。
これでまた新たな月を迎えられます(笑)



[PR]
by grandsocco | 2015-03-31 17:03 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

サマータイムはじまり

c0312955_05121514.jpg
本日3月29日よりセルビアもサマータイムとなりました。

朝起きて携帯の時間とパソコンの時間が違ってる!
そうだ、今日からサマータイムはじまり、パソコンは自動調整ですでにサマータイム導入時間。
写真も撮れないガラケーはもちろんそのまま、自分で調整必要です。

毎週日曜日はジプシーマーケットの日。
ジプシーの人たちはサマータイムとか気にしているのか?

モロッコのサマータイムはやっている人とやっていない人がいて
特に職人さんたちはサマータイムなど気にせずなので、待ち合わせすると
「New Time or Old Time?」と確認しなくてはいけなかった。。

ジプシーの人と待ち合わせなどはないけど、マーケットはどんな感じなんだろう?
到着したのは11時過ぎ、昨日までの10時
いつもの変わらぬ風景でした~。

やっぱりサマータイムで動いているのかな??

今日は東欧らしいかわいくてキッチュなクロスたちを見つけました。
戻ってきてやっと携帯の時間も調整。

サマータイム初日も無事に終わり。
1時間早めだけど同じ時間に眠れそうです。



[PR]
by grandsocco | 2015-03-30 05:25 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

ボスニアのアソシエーション"Udružene"訪問

c0312955_18062692.jpg
サラエボ最終日、2013年の「ホリデーマーケット」で見つけたアソシエーション
Udruženeに行ってきました。

ボスニアの女性の生活向上と伝統手工芸の維持のためにボスニアの女性が立ち上げた
アソシエーション。

創設者はNadiraさん、ボスニアで生まれ1992年までは
ボスニアで生活していたのだそうです。
その後パリに渡りデザイナーとして働きながら10年ほど前から
このアソシエーションの構想をしていたそうです。
そしてついに3年前にサラエボに戻り、Udruženeを創設。

忙しそうにしている中の訪問にもかかわらず、1時間ほど時間をさいてくれ
私のいろいろな質問に丁寧に答えてくれました。
ボーイッシュな感じの中に力強い優しさを感じる女性、ステキな方でした。

1年ぶりのサラエボで路上の女性たちとも再会できて
あっという間の4日間!

2013年12月~2014年1月まで滞在した際、
これでもか!というくらい歩いたけど、やっぱり今回も同じ。
Airbnbを使って滞在した部屋のホストにも
「僕がおすすめのお店とか聞かないといけないね!」と笑われました。

またベオグラードへ戻ります。


ボスニア・サラエボのアソシエーション
"Udružene"













[PR]
by grandsocco | 2015-03-20 18:04 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

セルビアの首都ベオグラードから日々の生活を書いています。   2016年4月、アソシエーション 「Grand Socco」をセルビア女性たちと立ち上げました!ベオグラードを基点に活動をひろげていきます


by minico
プロフィールを見る
画像一覧