Jagodina・いちごのいう名の町へ・後編

c0312955_05214860.jpg
町の中心のオーソドックス教会。
きらびやかな塀のとびらをくぐり抜けて中へ入ります。
c0312955_21262634.jpg
c0312955_21255325.jpg
c0312955_21260666.jpg
教会の前までいくと男性がいてなにやら話しかけてきました。
「どうぞ入って見学してください」みたいな感じだったので
中に入りました。
教会ってほとんどのところが出入り自由なのだけど
日本の神社と違ってドアがあるので、入っていいのか?って
迷ってしまうのは私だけかな?(笑)

オーソドックスの教会はカトリックと比べてちょっと独特です。
はじめてオーソドックスの教会に入ったのは
ボスニアヘルツェゴビナのトレビニエという町。
壁画の独特さに驚きました。
そして、やっぱりココロが静かになります。

招き入れてくれた男性にお礼を行って教会の外へ。
さてここから街歩き!
c0312955_21351064.jpg
c0312955_21352232.jpg
少し歩くと「Centar」という看板が見えてきました。
それに沿って歩いてみることに。
c0312955_21353180.jpg
c0312955_21354397.jpg
色あざやかな建物が見えてきます。
ベオグラードと比べての~~んびり、暑さのせいか人もチラホラ。
c0312955_21360608.jpg
途中、こんなポテトの自動販売機を見つけました!
ジュースの販売機ですら見たことないのに、本当に稼働しているのかな?
c0312955_21362046.jpg
c0312955_21363065.jpg
そして町の中心部のビルには、ヤゴディナのビールの絵が!
ドライバーさんと話を聞いたお店で、みんなが飲んでいたビールのラベル。

これは飲んでみないと!
涼しげなカフェを選んで、早速この地ビールを注文。
500mlで100円ほど。
メニューを見るとセルビアの有名ビール「Jelen」「Lav」よりも安い!
さて味はというと、「ふつう。。」
特に特徴のないビールで、なんて表現していいのやら?(笑)
c0312955_21523399.jpg
ビールを飲んで一休みして、バスの時間まで待機。
町の中心からバス停までは歩いて15分ほど。
やっぱりなにもない小さな町、でもカゴも見れたしビールも飲んだし満喫です。

バス停に向かう途中、博物館?らしきものが。
建物はステキですが、でも開催はしてない感じです。
c0312955_21524343.jpg
c0312955_21525157.jpg
バス停に到着。
オフイスで復路のチケットを見せて帰りのバスの時間を確定してもらいます。
この時20ディナールかかりました。

しばらくするとバスがきました。
チャチャックからベオグラード行きのバスと比べると
断然グレードがいい!

あとで大家さんに聞いたら、この街の市長さんは凄腕で
市民のためにいろいろなシステムを作り上げているのだそうです。
町の優秀な事業をした人を毎年集め、ウイーンに視察に行くのだそうです。

だからこんな小さな町にも「ユーロライン」の看板がかかっているんのかな。

暑い一日でしたが、充実した日帰りの旅でした!

[PR]
トラックバックURL : http://grandsocco.exblog.jp/tb/24512148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by grandsocco | 2015-08-04 21:59 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

セルビアの首都ベオグラードから日々の生活を書いています。   2016年4月、アソシエーション 「Grand Socco」をセルビア女性たちと立ち上げました!ベオグラードを基点に活動をひろげていきます


by minico
プロフィールを見る
画像一覧