Jagodina・いちごのいう名の町へ・中編

c0312955_03551059.jpg
ドライバーさんとお別れして、市場へGO!
まず目に飛び込んできたのは魚の看板。
でも魚の気配はなし。。(笑)

c0312955_04530867.jpg
市場の中に進むとお決まりの野菜売りコーナー
野菜や果物がずらっと並んでいます。

そこから別の通路へ行くと衣類や生活雑貨のお店が続きます。
一軒少し違う感じのお店を見つけました!
セルビア伝統のモノを売っているお店、さっそく店内へ。

c0312955_04551845.jpg
c0312955_04580950.jpg
店内では女性が手織り機で布を織っていました。
何を織っているのですか?とたずねると、外に連れていってくれ
商品を見せてくれました。
c0312955_05025292.jpg
再び店内に戻りお店を見わたすとセルビア伝統のモノがずらり!
民族衣装や刺繍のモチーフがはいったテーブルクロス
靴下などなど。

c0312955_05030351.jpg
ボスニアでチャラペ・靴下にホレこんだだけに、
靴下を見かけるとじっくり見ずにはすみません(笑)

セルビアの特徴の靴下は黒の毛糸に刺繍模様が入っている靴下。
ベオグラードの市場でこれを見かけることはなかった。
「黒の靴下を見つけたかったら、セルビア中部へ行きなさい」
大家さんからそう言われていたけど、本当にあった~!

黒地に刺繍なので目立ってかわいいです♪
外にはよく見かけるタイプの靴下も飾ってありました。
c0312955_05031334.jpg
店内も堪能し、お礼を行ってお店をあとにし
次の道へGO!
するとこんな靴屋さんを見かけました。
首都ベオグラードではみかけない光景だったのでちょっと驚き!
c0312955_05105254.jpg
セルビアの伝統の靴「オパンケ」が普通の靴店に並べられている。
やっぱり地方へ行くと履いている人がいるっていうことなのかな?
このオパンケと黒の靴下はセットのような感じで履かれるみたいです。
軒先には民族衣装も飾ってありました。

そしてまた別の道へ進むと、お花を売っている屋台がずらっと。
そこで一人のかわいいおばあちゃんを見つけました。
写真を撮っていい?とカメラを向けてゼスチャーすると
ニコニコ笑ってスカーフを整えはじめました。
これはOKという合図!
c0312955_05183726.jpg
ちゃんとお花の横にたってくれました。
みんなサービス精神が旺盛で、親切な人が多いです。
典型的な東欧のおばあちゃんという感じで、かわいかったです。
c0312955_05214860.jpg
市場も堪能しきったので、今度は外へ。
町の中心に向かっていくとオーソドックスの教会が見えてきました。
なんだか塀がきらびやか!

中に入れそうなので入ってみることに。

~次回へつづきます

[PR]
トラックバックURL : http://grandsocco.exblog.jp/tb/24463007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by grandsocco | 2015-07-29 05:24 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

セルビアの首都ベオグラードから日々の生活を書いています。   2016年4月、アソシエーション 「Grand Socco」をセルビア女性たちと立ち上げました!ベオグラードを基点に活動をひろげていきます


by minico
プロフィールを見る
画像一覧