セルビア中部の町 Čačak・チャチャックへ 

c0312955_17581994.jpg
セルビア中部にある町 " Čačak・チャチャック "へ行ってきました。

昨年暮れに知り合ったこの街に住むセルビア女性。
刺繍や縫い物など、なんでもこないしてしまう彼女とこれまで
たびたびベオグラードで会って打ち合わせしてきた。

どうしても間に合わせて作りたいものがあるので
今回は私がチャチャックへ。

前日にメールをくれて
「往復チケットを買ったほうが断然安いから!」
丁寧に買い方まで教えてくれた。

バルカン地域の移動はバスのほうが断然早い!
鉄道よりバスターミナルのほうが活気もあるし大きいし
本数もたくさんある。

バス会社もたくさんあって、往復チケットを購入するのに
行きと帰りが別のバス会社になることもあるので
往復チケットはバスの運転手から買いなさいということだった。

まずは窓口で入場券だけ買ってバス乗り場まで行き
直接運転手から購入するという手順を教えてくれた。

c0312955_18092339.jpg
前日にバスターミナルに行って窓口で聞くと
すんなりと往復チケットは買えた!
これはチャチャックの彼女にも伝えてあげないと。

でも本当に片道と往復と値段が違うので、往復チケットを購入して正解。
私がチャチャックまでくるということに気を使ってくれて
ありがとう!

c0312955_18063109.jpg
当日はチケット購入の際にくれるコインをバス乗り場入口で手渡し
バスの発着場へ。

この日は40度近い気温になるとの予想で
冷房が効いているのだろうか…と不安だったけど
ちゃん効いてました!

朝9時ベオグラード出発チャチャック行きのバスはガラガラ。
TVはついているけど、もちろん放映はなし(笑)
c0312955_18000946.jpg
道中はだんだんと緑が増えて、建っている家はビルから一軒家へ。
ヤギや鳥の放し飼いをしている家があったりして
東欧っぽい雰囲気に落ち着きを感じます。

途中1回の休憩があり、それ以外は大きな都市のバス停に寄り
予定どうり3時間でチャチャックへ到着。

バスを降りるとすぐに彼女が待っていてくれました。
いつも「小さな町よ、チャチャックは」と聞いていたので
どれくらい小さな町なんだろうと思ったけど
思ったよりは町でした!

彼女の友人で一緒にモノづくりをしているという女性も合流して
町のはずれにある涼しげなカフェへ。
c0312955_17591558.jpg
c0312955_18305887.jpg
毎月出ているような感じの刺繍の本を持ってきてくれました。
あ~このモチーフは昔ブダペストの蚤の市で見つけた
アンティーク刺繍の本で見たものと同じだ!

セルビアは位置的にハンガリーやルーマニアの文化、そしてオスマンのテイストも
交じっているので、それが私にはおもしろいのです。

2時間ほどで打ち合わせは終了。
このあと一人で町を散策してからベオグラードに帰るという私に
彼女は心配な様子で
「一緒についていこうか?」
「大丈夫、ベオグラードだって一人でいつもウロウロしてるんだから!」

それではと、街の途中まで送ってくれ
そこでお別れ。

まずは町の中心となる広場へ!

~次回につづきます。

[PR]
トラックバックURL : http://grandsocco.exblog.jp/tb/24421194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by grandsocco | 2015-07-19 18:31 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

セルビアの首都ベオグラードから日々の生活を書いています。   2016年4月、アソシエーション 「Grand Socco」をセルビア女性たちと立ち上げました!ベオグラードを基点に活動をひろげていきます


by minico
プロフィールを見る
画像一覧