恐怖体験 in セルビア

c0312955_22221768.jpg
今日は朝から気分もよいし、冷蔵庫にはなにもないしで久しぶりに
午前中に青空マーケットに買い物に行った。

買うものなんていつもほんの少量、今日もそのつもりだった。
いつも買う野菜売りのおばさまのところでリンゴだけを買うつもりが
セルビア人が山のように買っていくキャベツをなぜかひとつ買ってしまった。。

伝統料理「サルマ」などに使うキセリクーポスを作るためだろうけど
私は作り方しらないし、スーパーでみかけるけどまだ買ったこともない。

その後、鶏肉専門店の人と目があい、またノリで鶏肉一羽をまるごと購入してしまった。
1羽600ディナール。

キャベツとまるごと一羽の鶏肉はかなり重くて、いつも少量しか買い物しないのに
今日は自分でも何が起こったのだろう?と予定外の行動をしてしまった。

袋から鶏肉を出すともうびっくり!
あたりまえだけど、まるごと鶏のカタチをしているので叫んでしまった。。
(よかった周りに誰もいなくてひとりで、誰かいたら恥ずかしい。。)







何から手を付けていいのかわからない以前に、まるごとのカタチに触ることも怖い。
これを解体するってなんだか怖いけど買ったいじょうやるしかない。

TVで手術する映像ですら怖くて見れないのに、まるごとのお肉に
包丁でメスを入れる感じ。。

夢に鶏が出てくるのではないかと思いながら、なんとか1時間近くもかけ終了。
c0312955_22222904.jpg
セルビアにきて自分にとっては初めての恐怖体験なのでした。

c0312955_22223808.jpg
その後残った骨には、まだまだたくさんのお肉がついていたけど
もう自分には限界だったので、鍋に入れてスープにすることにしました。

もも肉2枚、手羽先2羽、胸肉2つ、こまぎれ。。。
こんなすごい量になってしまい、これからしばらく鶏肉を食べる日々が続きそうです。

そして大きなキャベツどうしたらいいのだろう?
またあとで考えます。

やることいっぱいある本日だったのに、午前中はこれで終了してしまいました。
なにはともあれ、初恐怖体験でした~。



[PR]
トラックバックURL : http://grandsocco.exblog.jp/tb/23183611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2014-12-11 17:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by grandsocco at 2014-12-15 18:57
先週はほぼ毎日鶏・トリ・とり! あとは手羽先2つだけとなりましたよん!
by grandsocco | 2014-12-08 22:49 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

セルビアの首都ベオグラードから日々の生活を書いています。   2016年4月、アソシエーション 「Grand Socco」をセルビア女性たちと立ち上げました!ベオグラードを基点に活動をひろげていきます


by minico
プロフィールを見る
画像一覧